どんなゲストを呼ぶか

結婚式や披露宴にどんなゲストを呼ぶかです。あらかじめどんなゲストを招待したいのか、そしてどんな式を挙げたいのかを決めている場合はスムーズにゲストを決めることができます。まだ決めていない場合は、まず結婚式や披露宴の規模や予算を考えます。その上で、友人を中心とするのか、親族を中心とするのか、または職場の人を中心とするのかを決めます。そうすると、呼ぶゲストによってはどんな結婚式や披露宴をするのかも変わってきます

結婚式この時に難しいのが、どこまでの人を呼ぶかです。この人を呼ぶからあの人も呼ぼうとなると、規模や予算もどんどん膨れてしまいます。そのため、まず予算を決めること、そして予算に合った式場を決めること、次にだいたいの人数を決めること、最後に式場に合ったテーブルを配置し、その場所に誰が座るのかを決めるとスムーズにゲストを決められます。

そして大事なことは、新郎新婦ともにゲストの人数やどういった人を中心に呼ぶのかを合わせることが大事です。やはりどちらかが偏ってしまうとバランスが悪くなってしまうからです。しかし人付き合いの仕方は新郎新婦それぞれ違うので、人数を合わすことができない場合もあります。親戚の人数はなるべく合わせる方がもちろんよいのですが、できない場合は新郎新婦の両親にも相談することも大切です。